スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    愛するナナへ〜2003年死去

    思い出 comments(2) trackbacks(0) ラシェリ

    JUGEMテーマ:ねこのきもち

     

    猫は人間よりも寿命が短いからいつかは年をとり、お見送り

    をしないといけないのはわかっているけど、いつも一緒だった

    身近な子が目の前からいなくなってしまうなんて・・・

    辛いし、考えられないよね。

     

    今日は命日でも何でもないんだけど、2003年に

    がんで死去した愛猫ナナに手紙を書きました。

     

    メール・・・黒猫・・・メール・・・黒猫・・・メール・・・黒猫

     

    いま、あなたはどうしているの?

    元気にしている?

    もしかして生まれ変わっている?

     

    生まれ変わっているならきっとうちの子になってくれているよね。

    だって、生前トイレに行くときもお風呂の時も寝るときもずっと

    ママから離れようとしなかったからね・・・

     

    この世から去っても永遠に強い絆で結ばれているんだって、

    信じているけど、実際触れて、そのぬくもりを感じられない

    のはやっぱり辛いよ。I love you forever・・・

     

     

     

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      キラりんさんへ(=^・^=)

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      ナナちゃんは中学生のころから長年連れ添った特別な
      子なので思い出がいっぱいあります。
      これからもその思い出を大切にしていたいと思います。

      • ラシェリさん
      • 2016/10/04 3:21 PM

      ナナちゃんにきっとこのお手紙の気持ち、伝わってると思います。
      姿は見えなくても、温もりは感じられなくても、
      一緒に過ごした時間はいつまでも思い出として生き続けていますもの。
      ナナちゃんとの思い出をたくさん思い出して、笑顔になってあげてくださいね(*^-^*)

      • キラりんさん
      • 2016/10/03 11:55 PM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM